英国の税金の電子申告

Updated: Sep 2, 2020

英国では基本的に税金の申告がすべてインターネットでなされます。


政府としても電子申告になるように働きかけており、Big4などが電子申告用のツール(Excel)をクライアントに配布し、そこに会社は情報を入力して、税務当局(HMRC)のウェブサイトにログインしてそのExcelをアップロードすれば完了するわけです。

当然、電子データで受け取った方が、税務当局側も作業が効率化しますよね。


法人税の場合には税務アドバイザーの方で税金計算をして、それをXBRLというファイル形式にして、それをHMRCに送信して出来上がりです。



日本もE-taxなどで電子申告の流れは来ているようではありますが、日本は役所がまだまだ紙文化なところがあるので、英国や欧米諸国の電子化に比べると遅れている印象があります。


昔日本で働いていた時には、素人目には解りにくい法人税の申告書に数字を書いたり名前を書いたりしていましたが、今もそうしている会社はありそうですよね。


ちなみに余談ですが、税務当局に電話などをして質問をしようとすると、えらく待たされたりしますし、とても地方のコールセンターだったりして、英語の訛りが酷くて、結構聞き取れなくて困ったりするのが難点です。。。


日本もいずれはどこかの田舎の方に税務署のコールセンターが出来て、訛りの酷い日本語で回答が来る、、、という風にはならないような気がしますね。


18 views0 comments